NEWS

ミャンマーで私が見たもの (現地での取り組み 前半)

さて今回はミャンマーでの現地での取り組みを。

f:id:kitabett:20190309174904j:plain関空バンコクヤンゴン→ヘーホへ飛行機で乗り継ぎ、標高の高いユアンガンまで車でさらに3時間弱。

 

ミャンマーこの時期は乾季で過ごしやすいといってもなかなかに暑いのです。。

 

海の向こうコーヒーの安田さん曰く、寒暖差が激しくて夜は気温が1桁になるとのこと。

 

宿泊地は現地の農家さんのトータルサポートをされている、社会的企業ジーニアスコーヒーが運営するゲストハウス。建物が可愛い。

 

f:id:kitabett:20190218112720j:plain

 

壮大な乾燥棚

 

f:id:kitabett:20190309180443j:plain

 

ミャンマーの農家さんが収穫したチェリーはここに集められて、精製、乾燥され輸出されていきます。

 

f:id:kitabett:20190309181408j:plain

 

ジーニアスの2階にあるラボで初日からカッピング。

7日間で美味しいマイクロロットを選定し、持ち帰る。農家さんの訪問とディスカッションもあるのでゆっくりはしていられません。

 

有志の農家さんを全てカッピング。「これはいい、だめ」という評価ではなく、このカップはどうしたら美味しくなるか、より良くなるか?をジーニアスを通して農家さんに繋がるようにコメントを付けていきます。

f:id:kitabett:20190309182350j:plain

 

収穫〜焙煎のどこで味が変化しているのか

なぜこんなベリー感が強いのか、発酵臭が強いのか、香味が大人しいのか。

カッピングを通してどの工程で味が変わっているのかをディスカッションして見極めなければいけません。

 

収穫時のチェリーの熟度なのか、乾燥のさせるタイミングが早かったり遅かったりしたからなのか、テロワールも含めて味に関わるポイントは沢山あり、カッピングした後にその農園に行かなければわからないままです。

 

ただ農園にいけばなぜその風味になるのかわかることも多くありました。      例えば農家さんが水分値が高いまま乾燥を終えていたりすると香味に顕著に表れます。

 

私たちは初日〜3日目くらいまでカッッピング→その農家さんの訪問→カッピング、調整を繰り返し

色々な農家さんに出会い話しました。

 

f:id:kitabett:20190219181908j:plain

 

村長のウーチョーティン。

コーヒーの栽培を村の人々に繋ぎ、広めていきたいと考えておられます。

他の農家さんをいろいろご紹介してもらいました。

 

マーマレードのような柔らかいオレンジ感があり、奥深い味わいでした。

 

 

f:id:kitabett:20190228230659j:plain

 

マチュトゥ

 

やる気満々の女性の農家さん。安田さんが先駆けてミャンマーにプロジェクトの説明に来てくれた時に、どうしたらいい?と前のめり気味にこのプロジェクトの

話を聞いてくれ、初めて精製にもチェレンジしてもらいました。

彼女の豆の風味は飛び抜けていました。

ネガティブに捉えると過発酵した香味なのですが、発酵感とバラの香水のような強い甘い芳香があり非常に面白い豆でした。

 

 

お父さん。 いい写真。

f:id:kitabett:20190309200522j:plain

 チャレンジとリスク

 

もちろん前向きな農家さんばかりではなく、難色を示す方もおられました。

いままでやったことのない精製にチャレンジすれば失敗のリスクも高まります。

 

チャレンジしてくれた農家さんをフォローすること。このチャレンジが良い流れとなって広まることをこのプロジェクトの目標の一つとしています。

 

ただここまで訪問した農家さんは収穫が半分終わっていたりして、日本に持ち帰る十分な量は作れなさそうとのことでした。

 

本プロジェクトで約1トンの仕入れを予定しているので、他の農家さんの訪問を続けることに。

 

はたして今年マイクロロット作りはできるのか?

見通しがたたず、すこし不安を抱えながら現地での前半を終えました。

 

 

ちなみに夜はお湯が出なくなり、少々震えながら寝ます。

 

 

後半へつづく