タビノネのパートナー農家さんは本当に情熱溢れる素敵な人ばかりです。

今回ご紹介するのは特に情熱的にコーヒー作りをしている農家さん。バリ島ボン村のコーヒー農家さんのリーダー「パック・スラマット」

皆さんバリはどのあたりに位置するかご存知ででしょうか?

バリ島は赤道直下に位置し、暖かい気候、広大なビーチと夕陽、鬱蒼と茂るジャングル、色鮮やかなフルーツなど、我々日本人がイメージする典型的なトロピカル・アイランド。
リゾート地としても高い人気を誇るバリですが農村部の生活は豊かでないところも多く貧富の差が激しい島でもあります。

バリには独自のバリ・ヒンドゥーという宗教が広く信仰されており、島のどこにいても竹でできた楽器の音が流れ、お供え物を目にし、各地で祭りが開かれ、異国情緒を味わうことができます。
バリ島が『神々の棲む島』と呼ばれています。そしてスラマットのコーヒーは聖なる水と地元で信仰されている綺麗な湧き水で精製しています。

バリならではのコーヒーを

バリのコーヒーをもっと美味しくしたい。イメージを変えたいと彼が試行錯誤の末、生み出したのが天然酵母をを使ったコーヒー作り。丁寧に収穫したオーガニックコーヒーを、地元のオレンジやココナッツなどから作った天然酵母と一緒に漬け込みます。

天然酵母が生み出す鮮やかな味わい

手間がかかる精製法ですが、オレンジのような華やかでクリーンな風味が際立ちます。フルーティで綺麗な味わいの彼のコーヒーは同じくインドネシアのマンデリンとは正反対。苦味はなく、鮮やかな果実感を楽しめるコーヒーです。

もともとコーヒーの精製所で働いていたスラマット 。彼のコーヒー作りへのこだわり、美味しいコーヒーへのあくなき追求心が生んだマイクロロット。オレンジやココナッツなど使う酵母によって個性的な味わいを生み出しています。今年の出来はオレンジ感が強く、綺麗で上品な味わい。来年はどんな酵母を使いどんな風味になるのでしょう。

焙煎士としては、毎年の変化は悩ましいのですが、一番ワクワクさせてくれる農家さんです。笑

大胆で革新的な精製から生み出されるスラマットのボジョレーのように毎年楽しく変化するコーヒー。

毎年の変化を一緒に楽しみたいですね。

 

【バリのおすすめの淹れ方ワンポイント】

浅煎りであまり膨らみがない豆なので、30秒蒸らし後、5~6投に分けて30cc~40ccずつさらさらと注いでください。蒸らしを淹れて1分30秒で~2分での抽出がオススメです。急冷アイスコーヒーは5つほど氷をビーカーに入れて、同じ手順でコーヒーを淹れます。出来上がりのコーヒー抽出液は100ccがおすすめです。

コーヒー豆をご購入のお客さまには淹れ方のレシピ帳を同梱いたします!
ぜひ参考になさってくださいね。

【豆量と湯量】

1杯分 15g 160cc
2杯分 21g 320cc

エリア バリ島プラガ ボン村
農家  パックスラマット
標高  1100~1300m
品種  アロブ
精製  天然酵母プロセス(ウォッシュド)
焙煎度 シティロースト
香味  完熟みかん、ココナッツ、プラム

関連記事

ミャンマーの女性農家ドープシュエ

Profile

タビノネオーナー焙煎士 北辺 佑智 1991年生まれ 滋賀県出身
2017年珈琲焙煎所旅の音、2019年MAMEBACOをオープン。 焙煎士としてタビノネ の全てのコーヒーを焼いている。 生産地に通い、よりよい一杯を届けるために各地で活動中。 美味しいコーヒーは人を幸せにすると本気で思っている人。